top3

アフィリエイトでターゲットの属性の気持ちをアマゾンのレビューから探す方法

Pocket

Amazon

ネットビジネスをしている方なら 「属性」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、しっかりと意識して作業していますか?

最短で効率的に作業を進めるためにも、この考えは非常に大事になってきますし、属性を意識しないと、無駄な頑張りに繋がることがあります。


属性って何?


まず、属性という言葉を知らない方のために簡単に説明してみたいと思います。

この言葉は、よくツイッターなどで耳にするでしょう。



基本的にツイッターを使いアフィリエイトをする時には、誰に対してつぶやいているかということを意識します。

学生なのか、サッカー好きか、ダイエットをしている人か、面白い情報探している人か・・・それぞれ細かく分けることができます。



サッカー好きにダイエットのことをつぶやいても反応はしないし、ダイエットをしている人にサッカーの内容つぶやいてもなかなか反応は取れません。

良い反応が取れるということは、属性を集める目的、つまり教材を売ったり、ルマガに登録してもらったり、リンクをクリックしてもらったりなどを、自然に促すことができるということです。


そしてさらに、属性を集めるためには属性の気持ちを理解しなければいけません。

そのためにアンケートを実施したり、リンクのクリック率を調べたりします。



アマゾンから属性の気持を知る


属性の気持ちを知るために Amazon のレビューを観察するという方法があります。

ユーザーが決めた5段階評価どんな感想を持ったのかが書かれてあるアレのことですよね。

2af2bd99b126f5ea39c8247f29d41210


僕を含めた、ほとんどの人はアマゾンで商品を買うときに参考にするページでもあります。

自然とあそこで評価が高かったら買ってしまうし、評価が低ければ自然と買うのをためらってしまいます。



本を買う人にとってみればとても便利な箇所ですが、実はアフィリエイトをする人にとってもとても便利な場所なんです。

それは先程言った、属性の気持ちが理解できるからです。



例えばアフィリエイト関連の本を買った人は、この本の感想書く場合がありますが、「アフィリエイト自体にに対する感想」も発見することができます。


「◯◯の部分は納得したが、◯◯の部分が知りたかったのに書いてなかった」
「全体的な流れは掴めたが、実践するのにお金がかかりそうな感じがした」
「◯◯という情報商材よりもわかりやすく手順が書かれていた」


中にはメリットとデメリットを箇条書きに書いている方もいるので、アフィリエイトに対してどういうことを知りたいのか、という気持ちも知ることができます。



一般人の意見が沢山集って、それを抽出すると物事の本質が見えます。

物事の本質が見えるということは、客観視できてる状態です。



おそらくこの物事の本質がみえたり客観視ができるようになると、相手の気持ちというのが理解できるので、結果的に教材を買ってもらったりメルマガに登録してもらったり、行動を簡単に促すことができるようになるでしょう。



ここでアマゾンのレビューを使う場合注意点が二つだけあります。

一つ目は具体的なレビューを参考にするということです。

私たちは読者の気持ちを知りたいだけであって、その方が良いか悪いかという感想が知りたいわけではありません。

相手の気持ちをより理解しやすくするためには、正直な具体的な記述があったほうが間違いなく参考になるでしょう。

個人的には良い意見よりも悪い意見の方が参考になると思います。



二つ目は最新のレビューをより信用するということです。

なかには10、20、50といった多くのレビューがある場合があります。

多くの意見があるということは相手の気持ちを知るためにとても参考になりますが注意することがあります。

それは中には自作自演でレビュー書いてる人がいるからです。


特に本が発売されてから日が経ってないのに星5つのレビューばかりやったり、良い本ということは書かれているが、具体的なことが全く書いてなかったり、誰でも書ける文章だったりすることがあります。

ですので、本が発売されてから評価が異常に高い場合、あまり使用しなくてもいいでしょう。


しっかりとレビューしている人は、めちゃくちゃ文章が長く、事細かく説明されています。

正直何のために、ここまで細かく書いているのかい理由はさっぱりわかりませんが(笑)、僕らアフィリエイターにとって、大切な意見を提供してくれます。



ちなみに、本が買いたくなったら


またレビューを読んでいたら、実際に買って読んでみたくなる場合があります。

その場合は評価の善し悪しかかわらず、実際に買ってみることをおすすめします。



本を読む目的は、人それぞれですが純粋に勉強するために本買うは場合、結果的に自分のためになってればそれでいいと思います。

なので、評価が高い低いは関係なく、この本を読むことによって自分が何かを学べそうだなという直感があった場合は素直にその直感を信じることにしましょう。



お金がもったいないという方は、新品ではなく中古で買えばいいと思います。

本に限らず自分を成長させるためには自己投資というものが必要ですから自分の将来のために積極的にお金を使うことにしましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ