top3

インターネットの匿名性は問題もあるがメリット・利点もたくさんある 

Pocket

anonymity
よくヤフーニュースでも話題になることが多いですが、ツイッターで芸能人のツイートが問題になり批判が増えることがあります。

それに対して芸能人がどんな反応を示すのかということを観察しているのが楽しかったりもするのですが、一般人が容赦なく攻撃してくることはよくあります。



しかし、ツイッターは匿名性が守られているので、発言自体に責任をもっている人は少なく刑事事件にでも発展しない限りは、つぶやいた人の身元を調べるのは難しいです。



つまり、顔が見えないから言いたいこといいまくる



これはインターネットの特性でもあるので仕方のないことなのかもしれませんが、やっぱりズルいなーとほとんどの人は思ってしまうことでしょう。

とか言って、僕もこうやってブログで記事を書いているのに、「お前は責任をもって記事を書いているのか?」と問われてしまうと「う~ん…」と考えてしまうことにもなります。



もしかしたら、メッセージが届いた先が不快なものでないかぎりは、多少は責任が無くても許されることなのかもしれませんね。



ニュースで問題となるのは、このように悪い側面が語られることばかりですが、僕は素晴らしい面を語る人が少ないのは残念だな、と少し思ってしまいます。

と言いますのも、やっぱり匿名性が守られていて、自分の意見は発信できるってスゴイことだと思うんです。



自分の意見を言うことが禁止されている時代⇒なんでも発言しても良い時代⇒匿名で発言して良い時代

こんな時代に生まれてきてラッキーだと思いませんか?(笑)



僕はこの匿名性をどんどん使って、いろんな人が自分が思っていることをどんどん積極的に発言できるようになればいいなと思っています。

言い方は悪いかもしれませんが、「バレるわけじゃないんだし、言いたいこと言えば?」という考えです。



当然ながら、自分の言いたいこと言って、その意見が誰かの目にとまることがあったとしたら何か化学反応が起こって、喜んでくれるかもしれないし、逆に怒るかもしれない。

でも、それでいいじゃないですか?匿名なんだから。



匿名というのは、逆にいうとキャラクターを作るということにも繋がります。

発言を繰り返していくと、意識的、無意識に関係なくだんだんとキャラクターが作られてしまいます。

例え、今の自分とかけ離れたキャラクターであったとしても、発言(発信)を繰り返すことによって、良いも悪いも、キャラクターではなく自分自身に近づいてきます。



「俺はこんな風に思われたい」「私は周りから尊敬されたい」理想の自分があるとしたら、その理想を演じて、どんどん自分を発信することをオススメします。



しかし、やってみるとわかるのですが匿名でも実際に情報を発信してみると躊躇してしまう自分がいます。

このへんは完全に慣れだと思いまうが、これはつまり「匿名」と「現実の自分」はしっかり結びついているという証拠です。



悪い発言をしたら、自分も悪い人間となり、悪い人間も集まってくる

良い(と思う)発言をしたら、自分も良い人間となり、良い人間が集まってくる



別に怪しい宗教的なことを言っているのではなく、これは紛れもない事実です。



是非、自分を変えるきっかけとしてネットの匿名性を上手く利用してみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ