top3

思いつかないときは?アフィリエイトで記事を書くときにネタ探しをするコツ

Pocket

ideas2
アフィリエイトをしている人のほとんどは基本的に記事を書いて、自分の伝えたいことを伝えることを意識して記事を書きます。



しかし、数十記事ならばサイトプランニングも何も考えずに、書きたいことをズラズラと片っ端から書いていけばいいと思うのですが、例えば100記事以上の書きためたい場合は、しっかりとした計画を元に進めていく必要があります。

※記事数をためるということは目的としてはおかしいかもしれませんが、ここではSEOを強くしたいがために記事数をためることが目的になっていると解釈してください。


  • 自分が伝えたいことは何なのか?
  • 読者のどんな悩みを解消したいと思っているのか?
  • 隠れたニーズはどんなものがあるのか?

こんな感じで、だいたいの計画を作りながら記事を書きためることが理想です。



基本的にはこのように進めていって欲しいのですが、なかにはサイトの方向性はある程度無視しても記事をためたい…という人もいるかと思います。

単純に多く書くことによって上位表示できるようになるために、この考えは大切とまでは言い切ることができませんが、事実であることは間違いないでしょう。



今日はそんな人のために、どうやったらどうやったらネタを見つけることができるのか、いくつか紹介してみたいと思います。



スムーズにネタをみつけることができるようになるコツ



  1. 自分と同じジャンルのサイトを参考にする
  2. 一つのことをしっかり調べる


1,自分と同じジャンルのサイトを参考にする


例えば、僕のブログでしたらネットビジネス系の情報を中心に記事をまとめています。

僕はブログを作る前にサイトプランニングをして、これからの予定を作ってはいますが、同じジャンルの方のブログを覗いてみるときもあります。



そうすると、自分の頭では考えつかなかった視点を学ぶことができて、「なるほど、こんな情報を発信するのもアリかも…」とアイディアをもらえることがあります。

もちろん、ネタを参考にしてそこから自分なり調べる…という流れになるので、決してコピペやリライトをしているわけではありません
(さすがにコピペはいませんが、ほぼコピペ、もろリライトという人はたまにいます…)



これはつまり、自分の頭で考えるのではなく検索することによってネタをみつけるということです。



ネタが生まれるというと、自分の頭の中だけでポンっと生まれるもののように思ってしまいますが、実はそんなことなく、無意識に外部から溜め込んだ記憶からポンっと生まれているものです。

いくら素晴らしい名曲や芸術でも、その原型となったモチーフというのは必ずあります。



インターネットが登場したために、知識を手に入れることは難しくなくなりました。

たくさん、自分で検索することによって知識を溜め込み、その中からネタを生み出すことは悪いことではないので、普段か積極的に情報収集をするクセを身につけることにしましょう。



2,一つのことをしっかり調べる


これはどういうことなのか、簡単な例を出してみたいと思います。


例えば、ツイッターでのフォロワーの集め方について記事を書こうと思っています。

当然、自分の知識だけをツラツラと書くのではなく、自分が調べてわかったことも書きます。

そして、自分でいろいろと調べていくと、自然と新しい発見が出てくるんですよね。

  • 良い反応を示してもらうためのつぶやき方
  • ツールを使いフォロワーを集める方法
  • ツイッターからブログに呼びこむ方法
  • 意外と便利な使い方
  • RTされやすいネタの種類


こんな感じで、自分にとって新しい発見があった場合は、どんどん記事を書くことにします。

「誰かが書いているから、書く必要なんてないんじゃないの?」と思ってしまうかもしれませんが、知識は同じでも体験は人それぞれなので、自分の感想をたっぷり盛り込んだコンテンツを作ることは十分可能です。



言い方を変えるならばノートにメモするようにコンテンツ化してしまうということです。

自分が、なるほどなぁと思ったことは、他人も同じく思う可能性は高いです。

こんな感じで新しい発見は、片っ端からどんどんコンテンツ化するくらいの気持ちでいるのがいいかもしれませんね。



ネタに行き詰まったら、自分と同じジャンルの人はどんな記事を書いているのか?

そして書くネタが決まったら、自分でいろいろと調べてみる

そうすると、新しい発見がみつかるので、それをどんどんコンテンツ化していく



こんな流れで進めていけば、ネタに困るということは、ほとんど無くなりますよ!



ちなみに、この記事のネタも2時間前に自分の行動から閃いたものです(笑)

ああー俺ってこんな感じで記事書いているんだぁ、と思ったのでコンテンツ化してみました…。

あなたの参考になる記事であったら、とても嬉しい限りですm(__)m

コメントを残す

サブコンテンツ