何が凄いの?遠藤保仁からみる印象と能力の関係

Pocket

cmaujx4ufoA

僕はサッカーをしていたこともあり、特に日本代表戦がテレビで放送されるときは観ることにしています。

数年前に比べてみると、「日本的なサッカー」が確立しつつあり、世界との差も徐々に縮まって来ていますよね。



試合に出場している選手をみていると、ヨーロッパで活躍している選手が増えてきたこともあり、「ヨーロッパで活躍している選手が代表に呼ばれやすい」という公式ができつつあります。


ですが、現在、歴代の日本代表のなかで、最も多く試合に出場している選手と言えば、Jリーグで活躍している遠藤保仁選手です。



レベル的にも世界で活躍できる選手だと思うし、いくつかのオファーもあったでしょうが、日本でプレーをすることを望んでいるし、これからも引退するまで日本で活躍し続けることでしょう。

マイペースでタラタラやっている印象しかないけれども・・・


・・と、遠藤選手をみていると多くの人は思うのかもしれません。

本人も認めているように、遠藤選手は足も遅いし、フィジカル的にも強い選手ではありません



そのため、本田選手や香川選手に比べるとどうしても印象が薄くなります。

やっぱり、サッカーは点を決める人がより大きく注目されるし、日本の場合だと海外で活躍している選手というのがピックアップされます。

遠藤選手はどちらかというと地味にうつってしまうのもしかたないかもしれません。


ですが。。。


実際は遠藤選手がいることによって、攻撃の起点を作り、リズムを生み出し、前線の選手を活かす役割をしています。

遠藤選手が先発で試合に出場していなく、後半から出場するとチーム一気に縦パスが多くなることを考えてみると、即、どれだけすごい選手なのかということが理解できます。



では、具体的にどんなところが凄いのでしょうか?



思いつく限り、挙げてみたいと思います。


  1. どんな場面でも冷静沈着
  2. 味方や敵の位置を客観的に判断できる
  3. 実は運動量がとても多い
  4. フィジカルを頭の良さでカバーしている
  5. とめて、ける、という基本が完璧にできる



これだけの特徴をもっているのにも関わらず、目立たない

ポジション的に地味だから・・・という意見もありますが、僕はこの「凄いけど凄くみせない」印象がある遠藤選手に対しても、ものすごくカッコ良さを感じます。


期待値という基準


僕たちは人でも動物でもモノでも、これらと対面するときに印象を持ちます。
(対象を認識しているという前提です)

印象を持つということは、良いとか悪いとか、判断をしやすくするためですね。



この場合、印象が良いとは、何かと比べて良いと言われてるからです。

悪いと言われているのは何かと比べているからです。


もともとある気持ちが上がるのか下がるのか。


どちらかと言えば上がったほうが自分にとってはプラスになることは当然ですよね。

よく言われるギャップがある・・・とはこのことを言うのでしょう。


しかし、常に自分が高評価を与え続けるのは難しいことだし、100の好印象を与えてしまったら、次は100以上の印象を与えなければいけないので、相手から求められるハードルは徐々に上がる一方です。


印象<実際の能力

理想はこれです。


ですが、例えば毎日合う人に対して、いつも「印象<実際の能力」という風に提示することは、まず不可能です(笑)

こんな生き方辛くてしょうがないし、他人の基準に合わせているので他人の人生を行きていると同じことです。



僕は基本的にこの構図を意識しているのは間違いないことですが、長いスパンで見た時に「印象<実際に能力」と思われたのならOKかなと思っています


どんな最低な人間だと思われても(笑)、最後には信頼される人物。

こんな人に僕はあこがれを持っていますし、意識していることでもあります。

わかってくれる人は、必ずわかってくれる・・・というスタンスに近いところもあります。
(わかってもらえなかったら、しゃーないですし)



正直言うと、はじめ遠藤選手をみたときに、どこか凄いのかサッパリわかりませんでした。

たしかに、上手いとは思うけれどもチームの邪魔にさえなってるんじゃないかなぁと。


僕自身の洞察力が無かったことが十分に関係していることですが、現在は「この選手がいなかったら今の日本代表は作れなかっただろう」と断言することができます。


つまりは確立されつつある、日本的サッカーを作った人・・・ということになるのでしょうか。

この功績は、ぶっちゃけ日本の中心選手と言われている本田圭佑選手よりも功績は大きいと思っています。



かっこいいっす。

僕も凄みをみせないで、凄みがにじみ出て自然と指示される、そんな人間を目指していきたいと、遠藤選手をみて思います。

One Response to “何が凄いの?遠藤保仁からみる印象と能力の関係”

  1. […] ⇒何が凄いの?遠藤保仁からみる印象と能力の関係 […]

コメントを残す

サブコンテンツ