top3

自分の人生を最大限に使って遊ぶこと(仕事)ができる

Pocket

Play_by_starfantazy

自分の生きたいように生きている人ってどれだけの人がいるんでしょうか?

小さな頃は誰もが、幼稚園の先生になりたい、パン屋さんになりたい、サッカー選手になりたい、
はたまたウルトラマンになりたいなどいろんな夢を描きます。

一番、最後の夢は、とりあえず置いておくとして(笑)、僕は野球選手に憧れていましたが、
その夢は高校生くらいまででした。

別に、ケガをしてしまって、野球ができなくなってしまった体になってしまったとか
そういうことではなく、単純に、なんとなく「別にならなくてもいいかな」と思っただけです。

それだけ、野球選手に憧れていたといっても、
本当に自分でそう思っていたのかどうかは怪しいとことです。
(ちなみに、父親が野球好きだったのでその影響は少なからずあったのでしょう)



現代の圧倒的な情報ばかりが溢れている社会では、選択肢は山のようにあります。

どれを選んでも自由というのは、魅力的に聞こえるのかもしれませんが、
それは「食べたいだけ食べてもいいよ」と言っているのと同じことです。



バイキングなどでも経験があると思いますが、「食べたいだけ食べてもいい」となると、
自分の限界値を超えてまで、食べることに必死になります。

それと同じように、これだけの情報化社会になると好きなだけ消費しても構わないということで、
必死になって消費することを目的に僕たちは生きるようになります。

消費を目的にしている僕らにとって、やりたいことをやるとか自分の考えを作る
という建設的な行為はなかなか難しいものです。

一見自分で選択しているようにみえても、それは選択させられているということも多いです。

  • 流行っているからこの音楽を聞いてみる
  • 痩せてみられたいからダイエットをする
  • 雑誌で紹介されたから行ってみる

その意見を一度、自分のフィルターに通して考えている人はまだましかもしれませんが、
ほとんどの人は拾ってくる情報をそのまま鵜呑みにしてしまいます。



そして同じような人間が量産されることになります。



消費を目的にする生き方から抜け出す一つに、
何かを作る(創る)側に行くというのがあります。


例えば、
商品を考える、企画する、晩御飯のメニューを考える、料理を作る、運動をする、できないことをできるようにする、行きたいとこに行く…


簡単に言うと、それらを行うことで、何かが生まれるということです。



別に難しく考える必要もなく、子供のように思いっきり遊ぶということだって同じです。
(子供はいつも消費ではなく、何かを「すること」が楽しくて遊んでいます)



僕にとってネットビジネスは、自分自身を作り上げる一つの方法です。


経済的な自由を求めるために、やっているということもありますが
、自分の才能やセンスを関係なしにして、
自分の存在を組み立てることができることに大きな魅力を感じています。



自分の神は自分です。


僕はこの言葉をなるべく忘れないようにしています。
(忘れることもしばしばです・・・)

誰がなんと言おうと、自分の生き方や考えを決断するのは自分です。



いくら、ものすごく尊敬する人でも好きな人でも、その意見を取り入れたり、
弾き返したりするのも自分が決めることです。

ということは、自分で決めたことが間違う場合もあります

それは自分の責任になります。



自分のしたこと、決めたことが、良い結果になったり
、悪い結果になって自分の責任と感じたりするのって、
めちゃくちゃシンプルでいいと思いませんか?(笑)



僕はこの考えが好きだし、ネットビジネスではこの考えがしっかり反映されてしまうので、
良くも悪くも愛している世界です。


やっぱり、いろんな考えがあるかと思いますが、
自分で選択や決断をできる現代っていい時代だと思います^^

コメントを残す

サブコンテンツ