top3

新しいタブで開くwp external linksの使い方と設定

Pocket

滞在時間を増やす方法として、関連記事を置いておくことが効果的ということで、記事内にリンクは積極的に貼った方がいいことは言うまでもありませんよね。

読者にに有益なを情報(有益な情報を届けなければ!)をプラスして与えることもできますし、結果として滞在時間が増えるのは嬉しいことです。


しかし、せっかく読んでもらった記事が閉じられてしまって、別のページに移ってしまう・・・というのはちょっと勿体無いような気がします。


例えば記事を読み始めて、すぐにリンクがありそのリンク先に行ったとすると、前のページのことはすでに忘れてしまったり、すでにどーでもいーと考えてしまうことってあると思います。

ネットサーフィンをしていると、少し前には何を見ていたのか、あまり思い出すことができない状態と似ているかもしれませんね。


僕はそれを防ぐためリンクを貼るときにはtarget=”_blank”をリンクに追加して別窓で開くよう設定していました。

<a href=”URL”Target=”_blank”></a>

こんな感じですね。

※別窓は「Ctrl+クリック」で開くことができますよね。


でもやっぱりいちいち挿入するのはとても面倒でした・・・と思ってネットをフラフラしているとWP External Linksというプラグインが見つかりました。

これは自動でtarget=”_blank”を挿入してくれるということで、面倒くさい作業の手間を省いてくれたり、挿入するのを忘れる、なんてことから解放されました。


実際このプラグインを導入したからって滞在時間時間が見違えるようにアップした・・・なんてことはありませんが前のページの存在を忘れないで、リンク先のページをみてくれるというのは間違いないでしょうね。


WP External Linksの設定方法


ワードプレスのメニューから「プラグイン」→「新規追加」→「WP External Links」で検索→「いますぐインストール」→「有効化」をしてください。

具体的なプラグインのインストールについてはコチラを参考にしてみてください。

99be6db7203bdb683f14a54bcf410b88
                  

メニュー画面に「External Links」が追加されたのでココをクリックします。

ed3756cee232fe28821adb19a1b9cf4a

                  

f6c908b13df991f78de7f61bfbbc1216

  • Open external links in… ⇒ New window or tab(新しいタブを開く)
  • Apply plugin settings on… ⇒ Post contents (コンテンツ部分だけ)
  • Ignore links (URL) containing… ⇒ 除外ページの設定。別窓指定したくないURLを入力。このままでもOKです。

設定したら「変更を保存」をクリック

                  

e201901ae99b40d56e74361a5d0fb4f0

rel=”nofollow” 属性を外したい場合は、チェックを外しましょう。特別気にしない人はこのままでも問題ありません。

                  

a5bb75308e89b5f540cfadf4a4fd6844

リンクの横に小さくアイコンを表示することができます。お気に入りのアイコンをつければいいと思いますが、個人的には必要ないので「NO」にチェックを入れています。


これで設定完了です。



いつもアナリティクスなどで滞在時間を計測しているとすれば、どれだけ効果が表れるのか滞在時間をチェックしてみてくださいね。

僕は特に実験は行っていないので、「かなり滞在時間がアップしたよ!」って方がいましたら教えてくさいね。

コメントを残す

サブコンテンツ