中古(オールド)&新規ドメインの比較、アフィリエイトにはどっちがいい?

Pocket

traini11


ブログを始める場合はドメインという住所を買うことでが必須です。


そのドメインには中古(オールド)ドメイン新規ドメインの二つがあります。


この二つのどちらを使うかは、これからブログを始める方向性を考える上で決めることが重要なのではなないかなと思います。


ということで、それぞれの特徴をもとにあなにあったドメインを考えてみることにしましょう。

どっちのほうが価値がある?


名前から察することができるように、新規ドメインとはまだ誰も利用したことのないドメインで、中古ドメインは以前誰から利用したことのあるドメインです。

一般的に考えられるのは、特別にプレミアの価値がない限りは「新規」よりも「中古」のほうが安いと考えてしまいます。

「おさがり」なんて言葉もあるように、一度使ったのは新しいものよりも価値が低い場合がほとんどです。


しかし、ドメインの場合はそうでもありません。


中古ドメインサイトなどをみるとわかるかと思うのですが、安いのは数千から、高いものになると数万円です。

新規ドメインは一般的には1000円前後で購入することができるので、中古ドメインのほうが価値があると考えられます。


「それでは中古ドメインをはじめから買ったほうがいい!」と言われるとちょっと待って下さい…と言いたくなってしまいます。


中古ドメインの特徴


まず中古ドメインはなぜ価値があるのかというと、ドメインにはページランク、オーソリティというものがあります。

ログのレベル測定は「Open Site Explorer」や「PageRank Status」での記事で書いた、この二つのツールを使うことによってそれらを知ることができます。

「ブログを育てる」という言葉がある通り、ブログを新規で立ち上げた時はゼロだとすると中古ドメインは一桁、あるいは二桁、三桁・・・という状態なんですよね。

そのため、ドメインによっては多くの被リンクがついていたり、すでにある程度の評価がされているドメインなので、自分の書いた記事が上位表示されやすいということになります。



しかし、良いことだけではありません。


例えば、その中古ドメインはペナルティを受けたことのあるドメインかは実際に買ってみないとわからないため当たり外れがあります。

それにはじめから多くの非リンクがあったとしても自分がこれからはじめるブログの方向性と全く違っていたら、「このブログは以前と変わったんだな」とグーグルから評価され非リンク効果が失くなってしまうことがあります。



新規ドメインの特徴


新規ドメインは中古ドメインの特徴の反対ということなので、購入して失敗した~なんてことはないかと思います。

ただ、やはり購入したばかりドメインはインデックスがものすごく遅かったり、ブログも弱いためにまったく上位表示されません。


しかし、「まっさら」なドメインのために自分のサイトをいちから育てていく感覚があり、全く関係のない被リンクがついているという「変なクセ」もありません。

そのため、長期的にブログを育てていく場合は、断然、新規ドメインで作っていくほうが良いかと思います。



短期的に一気にアクセスを呼ぶためには中古ドメインを利用してもいいのかもしれませんが、個人的には新規ドメインを利用することをオススメします。

トレンドサイトを作る場合もはじめはアクセスのこない時期がはじめはありますが、確実に自分の資産を作るということを念頭に置く場合は、ゼロからのスタートのほうが良いです。


やはり土台がしっかりしない建物は、一度ぐらついたら倒れやすいので、正しい方法を学びながら土台を作るようにしましょう。




コメントを残す

サブコンテンツ