2014年のトレンドアフィリエイトは飽和して稼げない?稼げる?

Pocket

google-love


こんにちは、ジョイです。

少し前からトレンドアフィリエイトのことを調べていると、「飽和してしまってすでに稼げない」という言葉をよく耳に(目に)するようになりました。


トレンドアフィリエイトを実践している人にとってみれば、ショッキングな噂ですがその理由を探ってみるとどうやら、ハッキリとした証拠というのがないように思えます。

逆にその意見を百歩譲って考えたとしても、それはトレンドアフィリエイトに限った話ではないことがわかります。



飽和すると言われるようになった理由

 
ソフトウエアやアプリでもなんでもいいのですが、アップデートという言葉があります。

アップデートとは従来のモノでは脆弱性に問題やセキュリティ面での不安、誤作動の修正をするために行うもの、またはバージョンアップをするために存在します。

また、時間が経過すればそれなりに社会も変わっているので、その時代に合わせたものを提供するという意味でもアップデートはされます。(追加機能などはこれに当てはまります)


これらは簡単に言えば、以前よりも良くなるということですよね。


企業などの提供者はいつでも「最高のもの」をユーザーに届けるわけですから当然と当然なのかもしれません。


これと全く同じようなことが「トレンドアフィリエイトのあり方」にも起こっています。

以前は大丈夫だったものが、今はダメになってきているということです。


  • ゴリゴリにSEOで上位表示させる

  • 中身の無いコンテンツでもキーワードが多く入ってれば良い

  • 外部リンクが多くあったほうが良い

  • コピペはまずいけど、リライトならOK


これらはすべて「テクニック」に注目されていた時代であり、テクニックを方法として考えていなかった時代です。


これに対応するように、グーグルは2013年に新しいアルゴリズムを導入させたり(ハミングバードなど)、手動ペナルティが一気に増えることになりました。

これはいわば、グーグルのアップデートにほかなりません。


アップデートは必要があってするものなので、グーグルは新たなルールを定めたのでしょう。



トレンドアフィリエイトというものはSEOに大きく作用されるので、このルールを守ることは必須です。(ここではSNSを使ったバイラルでの集客は除いています)


つまり、このルールを守ることが出来ない人、既存の方法が染み付いてしまって変えることをしない人にとっては間違いなくトレンドアフィリエイトは飽和したと言えるでしょう。

逆に言えば、新しいルールを知ることさえできていれば、現在でも稼げないということはありえません。


「今後何十年間大丈夫」とは決して言うことはできませんが、おそらく現在は「大きな変化」が落ちついてきたところなので当分は問題ないでしょう。


これらのことを踏まえて「2014年はトレンドアフィリエイトは飽和して稼げないの?」と問われれば、


決してそんなことはなく、まだまだ稼ぐことは可能です。

と声を大にして答えることにします。



これからもグーグルはアップデートは繰り返すと思いますが、グーグルが目指している方向は「よりユーザーにとって使いやすく」です。

この方向は私達もみることができれいれば、トレンドアフィリエイトが稼げないというセリフを言うことはまずない、と断言します。

愛するということは、お互いに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ることだ


サンテグジュペリのこの言葉のようにグーグルを愛して同じ方向をみることが、トレンドアフィリエイトで成功する近道…なのかもしれませんね。


コメントを残す

サブコンテンツ